海外FXブローカーの特徴



FXで金利を狙う

 FXで利益を上げるためには、大きく分けて二つの方法があり、一つは外国為替市場の為替相場のレート得変動を利用してその為替差損益を狙っていくものと、もう一つは世界中の国や地域から発行されている通貨それぞれに設定されている金利の差を利用するものになります。
FXではこの金利差の事を「スワップポイント」と呼んでおり、このスワップポイントの特徴を上手く生かすと、その金利を受け取ることができるのです。

多くの投資家が、短期間取引で為替差益を求めていく投資スタイルと、長期間取引でこのスワップポイントを求めていく投資スタイルとを、状況によって使い分けながら、FXで利益を伸ばしているのです。

スワップポイントは、金利差の事を指していますので、取引きの仕方によっては利益の足を引っ張るコストになることもあり、その扱いには若干の注意が必要です。
ポイントは金利の差とその売買の方向にあり、まずは通貨に設定されている金利差が大きくなればなるほど、スワップポイントも大きくなるので、そうした通貨ペアを選ぶのがいいでしょう。

金利の低い通貨の代表は、なんといっても日本の円になるでしょう。普通銀行がお金を単純において奥歯にしかならないことを考えても、これは納得です。
これに対して、金利の高い通貨は様々な国にありますが、一般的には天然資源に恵まれた資源産出国や、急成長を遂げている国などの通貨は高金利を設定していますので、確認をしてみるといいでしょう。

こうした金利の高い通貨と金利の低い通貨の通貨ペアを銘柄に指定し、金利の低い通貨で金利の高い通貨を買って保持すると、スワップポイントが受け取れるようになります。
逆に、金利の高い通貨で金利の安い通貨を買って保持すると、スワップポイントを支払わなくてなりませんので気を付ける必要があります。

このような形で通貨を保持すれば、日ごとの集計でスワップポイントが積みあがっていき、通貨の保持を決済した際に、清算されて利益として受け取ることができるのです。

スワップポイントの設定は、それぞれのFX取引業者によって差異があるのですが、平成28年6月時点の情報ですと、日本国の円を使って、有数の資源産出国であるオーストラリア共和国の豪ドルを1万豪ドル分買って保持をしていると、一日当たり約40円前後のスワップポイントが受け取る事ができるとのことです。

円と豪ドルの為替レートは1豪ドルが80円ほどになっていますので、約80万円を投資してこのスワップポイントの取引きを1年間行うと、およそ1万4千円ほどの利益を生み出すことができるという事になります。

もちろん、これに取引業者から投資資金を融通して増やすことができるレバレッジの仕組みを利用し、取り扱う通貨を2倍や3倍と増やせば、スワップポイントも2万8千円、4万2千円と大きくなっていきますし、逆に投資資金を減らす方向で考えていけば、レバレッジ20倍を使えば、4万円を一年間投資することで、1万4千円の利益を何もせずに得ることができるのです。

しかし、長期間にわたって通貨を保持するために、為替リスクにも晒されやすいため、あまり大きなレバレッジを掛けた場合には、取引業者に預けている証拠金が少なければ、資金を守るための強制決済、いわゆるロスカットが働き、その場で損失と相殺されてスワップポイントは消えてしまうでしょう。

こうしたことから、スワップポイントを狙って取引する場合は、保持している通貨の含み損や、取引銘柄の通貨を発行している行政府の政策金利の変更などに注意しながら、適切な管理が必要なのです。