海外FXブローカーの特徴



メンタル管理がバイナリーオプションになぜ必要なのか

u76j767 バイナリーオプションでは、期待値の高い手法を繰り返すことが重要であるとバイナリーオプションの手法と基本と公式で以前書きました。その際、とても難しいことではありますが、メンタル管理を行うことが必要になってきます。利用したい業者をチェックする際、他の業者と比較すると思いますが、約定でバイナリーオプション比較したり、サポートの質を調べたりとやり方は色々あります。その際、業者の、リスク管理に対する取り組み姿勢もチェックすることを忘れずに!

メンタルの負担とバイナリーオプション

期待値が収束するまでしなければならない我慢

仮説と検証、実践のPDCAの手法を続けることが、バイナリ—オプションにおいてとても重要になってきます。バイナリーオプションの手法と基本と公式で述べたように、期待値を取り続けてくと、連続して損をしてしまう可能性もあります。

勝率5割の手法をとっていた時に、10回連続で負けてしまうのは0.1パーセントにも満たない確率ですが、5回連続で負けてしまう確率は3パーセントと比較的高めです。もし、30回勝率5割の手法を繰り返した場合、1度は5回連続で負けてしまう可能性があるということです。これを経験してしまうと、その取引に対して疑心暗鬼になってしまうこともあるでしょう。「この手法は間違っているのか。取引金額を思い切って挙げて、失った分を取り返そう」そんな風に考えてしまったら、完全に負けの流れになってしまいます。

期待値というのは、20~30回の回数ではほとんど実証することはできません。もっと多くの回数を重ねて、詳細にデータを取りながら手法を見直すべきか、それともそのまま続行するかを冷静に判断する必要があります。

気を付けなければならないコンコルド効果

誰もが知っている超音速旅客機コンコルドの商業的な失敗に由来する言葉として、コンコルド効果というものがあります。超音速で飛行可能なコンコルドは世界中からの期待を一身に集めていましたが、開発費が莫大にかかり長期にわたっての投資が続きました。そのため、商業利用をしたとしても利益を上げることが難しいほどに負債が積み重なる結果となってしまいました。しかし、運営会社はそれまでの投資を無駄にすることができず、利益を出すことが難しいことを理解しながらも投資をやめることはありませんでした。同様のことがバイナリ—オプションでも起こりえます。今の手法は利益率が悪い、損失が多く出てしまうと分かっても、それまで取引につぎ込んだお金を無駄にすることができずに、手法の見直しをすることなく取引を繰り返してしまうのです。コンコルド効果については、バイナリーオプションの必勝ブログなどでもよく目にするトピックです。